カード(Loget'sなど)

宿場町から道の駅へ~藤川宿~[愛知県岡崎市]|マンホールカード|23-202-C001

マンホールカード

配布場所

道の駅藤川宿
愛知県岡崎市藤川町字東沖田44番地
9:00〜18:00

⚠️配布状況は変更になることがありますので、公式サイトをご確認ください

岡崎市唯一の道の駅「藤川宿」はお土産が豊富で、お食事処や直売所の他、ミニストップ🏪も併設されている便利な施設です。

駐車場側から
歌川広重による浮世絵

道の駅というと鉄道の駅とは離れているイメージがありますが、ここは藤川駅からも徒歩2分と抜群のアクセスです🚃

名鉄名古屋本線 藤川駅
駅を降りるとすぐ、綺麗な案内板があります
ここでも家康公がお出迎え
可愛いモニュメント

マンホールカードはこちらの窓口で配布されているので、コンシェルジュの方に声をかけてカードをもらいます💁‍♀️

マンホール設置場所

藤川宿の駅側の出口を出て、横断歩道を渡って左に向かいます。駅の少し手前にマンホールがあります。

駅側の出口を出て左へ、駅に向かいます
手前には東海オンエアさんのマンホール
家康像のちょっと手前

藤川宿【東海道37番目の宿場町

東棒鼻跡

宿場の出入り口を棒鼻と言うそうで、東側の出入り口があった場所ということで「東棒鼻跡ひがしぼうばなあと」と呼ばれています。藤川宿は江戸時代の雰囲気を残した通りになっていて、この東棒鼻跡は歌川広重の浮世絵のモデルになっています🏞

浮世絵を模したデザイン
藤川 棒鼻ノ図

本陣跡(藤川宿本陣跡広場)

藤川宿の町並みを進んでいくと、現在は広場となっている本陣跡にたどり着きます🚶藤川宿資料館も敷地内にあり、更にこの広場では藤川小学校の児童さんたちがむらさき麦を育てています🌱

藤川宿資料館入口
岡崎市指定文化財
綺麗に整備されています
本陣跡広場への入口
本陣跡広場からの景色
大切に育てられているむらさき麦
茶葉丸

むらさき麦って聞いたことないな…?なんだろう?

むらさき麦

かつて東海道の宿場町として栄えた藤川地区では、平成6年に、まちおこしの一環として、江戸時代にあったとされる幻の麦「むらさき麦」を復活させました。大麦の一種で、その名のとおり茎から穂先まで紫色に染まります。近年、このむらさき麦の魅力を伝えようと、うどん・パン・クッキー・ビールなど約30種を商品化、市内で販売し、岡崎の新しい特産品として人気を博しています。

 引用:岡崎ルネサンス|藤川宿むらさき麦プロジェクト
茶葉丸

むらさき麦って貴重なんだね!道の駅でお土産買って行こ

藤川宿【お土産豊富な道の駅

とてもにぎわっていた藤川宿をご紹介。一角にある「きらり岡崎コーナー」は岡崎の特産品がズラリと並んでいます。

きらり岡崎コーナー
綺麗に陳列されています
むらさき麦コーナー
手風琴の調べが有名な備前屋
内藤ルネさん紹介コーナー

農産物直売所もあり、この日はトマト🍅きゅうり🥒大根・アスパラ・れんこんなど新鮮なお野菜がたくさん陳列されていました。

トマト・きゅうり・大根
アスパラガス・れんこんなど…

マンホールグッズのコーナーには、ミニマンホールやマンホールメダルなど魅力的な商品がありました。特にミニマンホールはめちゃめちゃかわいかったです。

部屋に飾りたい!
マンホールメダル
東海オンエアマンホールの紹介

オカザえもんコーナーも充実です。

むらさき麦と玄米のせんべい【藤川宿限定】

小ぶりで薄く軽い食感。玄米としょうゆの香ばしさもあって、次から次へと手が伸びてしまいます。嫌いな人はいないだろうな~ってくらい万人受けする味です👍藤川宿の名物、むらさき麦を使用した限定商品なので、お土産にも最適です。

むらさき麦を使った商品
むらさき麦と玄米のせんべい 

かりんとう【三州菓子工房 中田屋】

種類がいろいろあったので店員さんに聞いたところ「お酒好きの方にはきんぴらか八丁味噌。女性にはゆずが人気ですね~。定番のごまもよく出ますよ。」とのことだったので、きんぴらごぼうをチョイス。
開けた瞬間にもう香りがします!ピリ辛で味もしっかりごぼうの味😋確かにおつまみに良さそう。こちらもどんどん手が進みます🍺選んで正解。

12種類くらいあります
和風ピリ辛きんぴらごぼう味のかりんとう
茶葉丸

宿場町と道の駅。
2つの藤川宿が楽しめるよ〜💕

PVアクセスランキング にほんブログ村