カード(Loget'sなど)

マンホールカード 14-206-A001 神奈川県小田原市(第7弾)

カード

基本情報

第7弾(発行年月日:2018年4月28日)

取得場所:小田原宿なりわい交流館

配布時間:10:00~17:00 (年末年始はお休み)

デザインの由来

歌川広重の浮世絵、東海道五十三次のうち「小田原・酒匂川」をモチーフに制作したマンホール蓋です。江戸時代の酒匂川には橋がなく、特に増水期は、旅人にとって大変な難所でした。

右下のふんどし姿の人影は、当時、旅人や荷物を担いで渡った「人足」と呼ばれる労働者たち。

また、背景にあるのは、酒匂川から望む「小田原城」と「箱根連山」、そしてその奥にそびえる「霊峰富士」です。

小田原市は昭和34年に下水道整備に着手し、現在は酒匂川流域の市町と連携して流域下水道事業を進めています。「酒匂川から見た雄大な風景を歴史とともに後世に残したい」。そんな想いが詰まったデザイン蓋です。

二宮尊徳

二宮神社

江戸時代の農村改革の指導者で、雨が降る日も風が吹く日も勉学に励んだということで、頭が上がりません。

茶葉丸

今でいう「ながらスマホだな」

黒幕

コラっ..


きんじろうCafe

二宮神社内に「きんじろうCafe」があります。また、「箱根口ガレージ、尊徳広場」にも「きんじろうCafe」があります。

ラテアートが有名なのですが、今回は寄ってません。今度ぜひ寄って、ラテアートを頼みたい。

尊徳記念館

小田原は二宮尊徳の生誕の地だです。生まれた家がこの写真となります。

ういろう(和菓子屋)

お城のような外観で、知らない方は、一瞬小田原城?と思ってしまうお店です。

このお店、なんと室町時代から続く、約600年の老舗。

食べた和スイーツは上品な甘さでとても美味しかったです。


茶葉丸の感想

2日間に分けて、小田原城、石垣山城を観光しました。

前々から入ってみたかった「ういろう」やスタンプラリーもして小田原を堪能。

二宮尊徳のきんじろうカフェにも入ってみたかったのですが、今回はタイミングよくノドが乾いてなかったので、寄りませんでした。お店前の写真だけ撮ってます。次回はぜひ寄りたい。

写真は、小田原駅前の「ういろう」和菓子屋に立ち寄った際、飾ってあった絵になります。何故かこの絵に惹かれてしまいました。


PVアクセスランキング にほんブログ村